国産大豆100%使用のこだわりの納豆職人・登喜和食品が健康、安心、安全のおいしい納豆と生てんぺ(テンペ)を東京都府中市からお届けします。

会社案内

登喜和の想い

photo

先進諸国の中で最低の食糧自給率となって久しい日本。
なかでも大豆は、納豆をはじめ味噌、しょうゆ、豆腐など、日本人の食卓には欠かせない食品の原料であり、大切な食材であるにもかかわらず、自給率4〜5%という状況です。
登喜和は、国産大豆を使うことによって、日本の農業を応援していきたいと考えています。

会社概要

会社名 株式会社 登喜和食品
本社事業所 〒183-0046
東京都府中市西原町1丁目10番地の1 →アクセスマップ
TEL:042-361-3171
FAX:042-361-3481
創業 1949年10月
代表取締役 遊作 誠
事業内容 納豆とテンペの製造卸、販売
資本金 1,500万円
従業員数 35名
取引銀行 多摩信用金庫 東府中支店
みずほ銀行 府中支店
三井住友銀行 府中支店
マインズ農業協同組合 多磨支店
主な取引先(敬称略) (株)紀ノ国屋、(株)明治屋、(株)伊勢丹、(株)丸井
原料大豆生産者 JA十勝清水(北海道)
関商店(茨城県)
醤油製造者
(納豆用たれのベース)
(有)井上醤油店(島根県)
「たれ・からし」製造者 (株)芥子屋四郎(埼玉県)

沿革

1949年10月 創業「多磨納豆」として製造開始
1980年9月 有限会社 登喜和食品に社名変更
1986年2月 「薫煙炭火造り」の製法特許取得(第1313669号)
1991年10月 食品衛生優良施設都知事賞受賞
2003年11月 本社事業所で製造開始
2004年4月 新商品テンペ製造開始
2005年6月 photo本社事業所2階にそば処「厨」(くりや)オープン
2005年7月 株式会社 登喜和食品に社名変更
2005年12月 テンペ製法特許出願(東京都との共同出願)
2007年7月 黒豆てんぺ粥の販売開始
2008年1月

会社ロゴマーク変更

2010年7月

テンペ加工室をクリーンルーム化

2014年10月

有機加工食品 JAS認定

現在に至る

2014年11月

そば処 厨 移店

  • 登喜和の約束 登喜和食品7つのこだわりと特徴 詳しくはこちら
  • 登喜和の製法 大豆の気持ちを知り尽くした「納豆職人」が丹精こめて手づくりします。 詳しくはこちら
  • てんぺをご存知ですか? 今注目の健康食品 てんぺ 詳しくはこちら
  • 産地情報 詳しくはこちらから
  • オンラインショッピング ご購入はこちらから
  • 工場直売所 大豆の里 詳しくはこちら
ページの先頭に戻る▲